設備概要

当社はアルミ押出材やアルミ板材をプレス・曲げ・機械加工などからアルマイト処理まで。
複数の加工技術により、より付加価値の高い製品を提供しています。

主要設備一覧

設備名称 本社 富山
切断機 10 2
シャーリング 1 1
大型プレス(110t以上) 5  
小型プレス(110t未満) 12 4
タレットパンチングプレス   1
パイプベンダー 3 1
CNCパイプベンダー 2  
アングルベンダー 2 1
NCアングルベンダー 5  
マシニングセンター 9 1
横型マシニングユニット 1  
フライス盤 1  
CNC旋盤 2  
TIG溶接機 1 1
スタッド溶接機   1
アルマイト処理設備(二次電解処理) 2  
三次元測定機 1  
CADシステム(3次元) 2  
CAMシステム(2.5次元) 1  

設備紹介

切断機

 当社には素材のサイズや用途に合わせて、さまざまな切断機があります。

 この切断機は素材長さ6m程度のアルミ押出材を切断することができます。
 生産数量に応じて、切断長さをプログラムにより自動設定して対応しています。
 写真の切断機の他、小径素材に対応した切断機も保有しています。

プレス機

 絞り、打抜き、曲げなどプレス加工はアルミ押出材、板材を問わず多用しています。

 当社では5ton〜200tonまでのプレス機を保有しています。
 小型のプレス機ついては、セル生産ラインに対応するために移動が柔軟にできるように工夫しています。

ベンダー(曲げ加工機)

 パイプベンダーやアングルベンダーなどさまざまな曲げ加工機を保有しています。

[小型ベンダー]

 小径(断面が10mm程度異形品)の曲げ加工に使用しています。

[アングルベンダー]

 複数のロールをコントロールすることにより、曲げRを徐々に変化させることが可能な機械です。

[パイプベンダー]

 素材のセッティングをはじめに行い、後はNC制御により、多方向の曲げ加工が可能な機械です。

マシニングセンター

 アルミ押出形材を多く扱っている当社は、長尺の機械加工ができるマシニングセンターを複数保有しています。
最長ワークエリアは4000mmです。

[マシニングセンター(長尺用)]

 写真のマシニングセンターは3000mmまで加工することができます。

[高性能マシニングセンター]

 加工範囲はX1300×Y650×Z600mmです。
 このマシニングセンターは、2010年に導入した重切削が可能な機械です。

アルマイト設備

 当社はエレベータ式アルマイト設備とキャリア式アルマイト設備の2設備を保有しています。
ともに二次電解による発色が可能です。

[エレベータ式自動アルマイト設備]

 有効処理サイズ W400×D500×H800mm

[キャリア式アルマイト設備]

 2012年に導入した設備です。
 有効処理サイズ W1600×D400×H900mm

その他設備

[三次元測定機]

 最新鋭の設備ではありませんが、寸法精度の厳しい製品の品質保証に三次元測定機を使用しています。
 測定範囲 X600×Y800mm